フリーエージェントとは?


What is a Free Agent? ⇒ wiki
直訳では、free agent自由行為者


Wikiで調べてみると、
アメリカの労働力の44%(自営業主・フリーランサー・独立請負人・臨時従業員の総計)
 がFree Agentであると言われています。
   そして、この「free agent」という言葉は、1997年、Fast Company という雑誌の
  “フリーエージェント国家” というタイトルのカバーストーリーの中で、
   ダニエル・ピンクさんが造った言葉だと言われています。
 
日本では、組織に雇われない働き方をする人々で、
   主にインターネットを使って自宅で働く人の事を指すようです。

このようにアメリカで10年以上前に生まれた言葉ですが、
日本で近年この言葉を有名にしたのが、与沢翼さん だと思います。


検索するとすぐヒットすると思いますが、
1年前は、フリーエージェントの名の通り
一人で、インターネットを使い月収34千万にいったそうです。

今は Free Agent Style という会社を立ち上げ
年収12億にまでなっています。

こんな事を知ってしまったら、インターネットビジネスってどんだけ?!
て思ってしまいますよね。


次にどんなネットビジネスのカテゴリで稼いだ?
という疑問が来ると思いますが


それが、アフィリエイト というものです。

僕が知っていたのは、ブログに広告を載せて、
クリックされたら何円とか
売れたら何パーセントとか、その程度のものでした。

これらは、ブログアフィリエイトとか、レビューアフィリエイトとか
言われたりしますが、ここ数ヶ月で分かった事は、
これらの方法は時間がかかるのと、相当な技術が無ければ
大きな報酬を得る事が出来なさそうだということです。


そして、注目したのが、与沢流アフィリエイトノウハウでした。


塾を購入する余裕が無かったのと、
情報商材というのがどうしても 怪しく思えていたので・・・

講演会・セミナーに参加したり、本を買ったり、動画を観たりして
勉強していました。


感想としては、講演会と本は主にマインド面強化の為になり、
セミナーと動画は、実際のノウハウの概要が学べたと思います


しかし、少し掘り下げてきたところで
一つ気づいた事があります。

色んなタイプの塾、セミナー、情報商材の広告で、
「パソコン超初心者でも大丈夫!」
「インターネット、ブログ初心者も心配無用」
の様な宣伝をネット上で見ます。


⇒ でもはっきり言って、パソコン初心者には
 その人に相当な根性・気合いが無いと
 かなり苦労するだろう、と思いました。


もちろん大きく稼ぎたいのだから気合いも
凄い方が大半だとは思いますが。


何故かというと・・・ 
 専門用語・専門知識・専門ソフトが沢山出てくるからです。
 それに、例えばブログを立ち上げても
 「一」から進めていくと何ヶ月もかかると思います。

実際セミナーに行って、参加者の中に
まだパソコンを持っていないという方や、
Facebook、Twitter を知らない方々がいました。 



ですので、これから始めてみよう、興味があるなという方々は

まずはここの様なサイトで、実際にセミナー、塾に参加した人間が書く

まとめを参考に勉強してみるのもいいですし、またこの時代は

インターネットで何でも調べられるので、とにかく勉強だと思います!



私も初心者から始めているので、今から始める人が何から始めれば良いか
何を勉強すれば良いのかなど、このブログが参考になればと思います。



長くなってしまいましたが、今日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

これからまたネットビジネス情報を残して行きますので
お楽しみに!! 


0 件のコメント:

コメントを投稿