〓 成功マインド -- 1 〓


みなさん、こんにちは。

これから、 具体的なビジネスのスキーム(しくみ)を実行する前に
この 成功マインド がめちゃくちゃ大事だという事で
学んだ事をご紹介したいと思います。

マインドセットがされていないと
いくら成功メソッドを学んでも、途中で遮断されて
動けない状態になってしまうからです。

少し箇条書きな感じになっておりますが、
ご了承下さい。


成功するのは簡単だ
心理障壁をもたないこと
難しいとイメージしていると、スタートの時点で失敗しているに等しい
成功するには成功するための考え方がある
成功者達の考え方はほぼ一緒


多くをやらない
少数の事だけに集中して力を注ぐ
その“メリハリ”が多くの成果を出す事になる
凡人であるほどはやらないといけない事が確実に多いが、
自分がやる分野をとにかく狭めて、オンリーワン
ナンバーワンを言えるぐらいまで狭める。
そこに力を集中させる

成功者は成果にフォーカスをする


“人の行く裏に道あり花の山”
与沢翼の基本信念

多くの人は他人の成功をなぞろうとする
人がいった道を後追いして、同じ手法をやって
成功するという事はできない
教育はきっかけでしかない
その根本を伝えるもの=塾の本質

人の行く裏=自分らしさ
それはみんな前提条件が違うから


一流の人脈に割り込む
成功者同士は興味を持ちあう。
そして、成功者同士が結びつき
お互いに不足しているところを補い合い
より大きな経済的成功を収める。

ジョイント

しかし、自分に魅力が無ければならない。


自分の魅力を高める
狭い分野でオタクになる、
ダントツに突き抜けていると重宝される
同じ人間は成功者の世界で二人と要らない

例えば、それぞれの分野でダントツの実績を出した人間
4名が集まるだけで、
1+1+1+1=4 ではなく
1+1+1+1=1億 になる


楽観的になる
実際には悲観してよいこともあるが、基本は超楽観主義がよい
悲観して心配ばかりし、行動しない人は成功するためには論外
「人生死なない限りどうにでもなる」
「失敗しても得るものがある」
と思える楽観主義の方が確実に成功する

楽観的になる方法は、最悪のケースを想定しまくっておく事。
それでも大丈夫な自分をイメージ出来れば大丈夫。


目標を塗り替える
一つの目標を達成したら、
達成した瞬間・達成見込みがたった時点で
目標を更新する

 まずは小さな目標をたて達成させる事



とまとめ書きしてまいりましたが、
僕も改めて為になりました。。

今回も長い事お付き合い有り難うございました。

次回は続きをまた書きますので、
読みに来て下さいね!



ネットビジネス系ブログランキングはコチラです↓
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
僕も参加しています、ポチッと応援していただけると嬉しいです!

よろしくお願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿