オプトインアフィリエイト -- まとめ1

------------------------------------
 皆さんこんばんは! 
 これからアフィリエイトの中の 「オプトインアフィリエイト」まとめの
 続きにいきます。
------------------------------------


■ メール商社」 オプトインマスター」 
   商社: 簡単に言うと物を右から左へ流す(流通)

   例) [] [ 小売り ・ メーカー ] [ 商社 ] [ ブランド ]
                        2500        1500      1000 

    商社は何も作っていないが、ブランドを発見してきて
    繋いでいるという重要な役割がある

    ⇒ オプトインというのは、“メール商社” 

     この“ メール商社 ”になれたFA(フリーエージェント)は
     “ オプトインマスター ”になれる。
     (オプトインによる月収が最低100万、扱っているメールが2000件ほど)

   
  ◇◆ 簡単なビジネスモデルの説明

   ●  Bさん(メーカー:商材作成者、塾の運営者)→ コンテンツホルダー
     ⇒見込み客が欲しい
       ↓↓
       ↓↓ 見込み客を紹介してほしい
       ↓↓
   ●  Aさん(メアドの持ち主) 8万件持っているとすると 
       ↓↓
       ↓↓ 8万件 
       ↓↓   
      FREE に流す
       ↓↓ スクリーニング(ふるい)をかけて
       ↓↓  例えば、3000人をお届けする
       ↓↓  (興味が無い人は登録しない為)
       ↓↓ 
   ●  Bさん
       ↓↓ Bさんからメールを送れるようになる
       ↓↓
   ●  お客さん
    ※ しかしAさんのお客さんはBさんの事がまだわからないため
      FREEのところで登録するメアドが捨てアドレスの事が多い。  

  ⇒ この仕組みから分かるように、オプトインマスターは
     「リスト取扱い業者」 ともいえる。

  

■ 小さい商社でもそれぞれの分野で出来る
   いろんな分野がある中で、それぞれの商社になるれば
   規模が小さくてもこのビジネスモデルは成り立つ
   
   ⇒ その為に、まず媒体の分野を選定し、
   ブログ、メルマガなどで
   メーカーとお客様を繋げていく役割になる。
   (メーカーは単独ではお客様にものを届けられない)

    オプトイン = メールを流していく
          A ⇒ B

  ◇ そしてすべき事は・・・   
   ① メールアドレスの収集
   ② 維持(読者の関心を保つ)
   
   ⇒ これをやらなければ忘れ去られてしまうので
     常に維持の努力をすること。

    “ 維持をし続けられなければ商社では無くなってしまう”

   

------------------------------------

勉強しなおして、私自身にもかなり為になりました!
今回もかなり重要な知識でした。

「オプトインアフィリエイト」のまとめ1はここまでにしたいと思います。

最後まで読んでいただき有り難うございました!

>>> ネットビジネスブログ ランキングへ 
>>> 人気ブログランキングへ


応援クリックしていただけると嬉しいです♪
よろしくお願い致します。                       
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

0 件のコメント:

コメントを投稿