物販(EC) ビジネス -- まとめ1


 皆さんこんにちは!
 今回はまず重要な部分3つのまとめです♪

------------------------------

 バイラル(広め方)
 プロダクトローンチ(売り方)
 SEO(広め方)

------------------------------

まず、お店を立ち上げるところから順にいきます。

コンセプト決め
  限定をかける、分野が狭められている方がいい
  
  敵の数を少なくしていく方にコンセプトを考える
  そして、比較的新しい分野であること。
  完全に新しい分野ではない(儲かっている人がいる)

  なんでも扱っているというのは駄目


ドメインの取得  
  何でも良いが、短く分かりやすい方がよい
  そして何らかの意味を持っていること
   →記憶に残りやすい    
  

サーバー(ECソフトウェア)
  << 種類 >>
   モール型(楽天・Yahoo・Bitters)
    集客を手伝ってくれる、人がいる

    メリット:集客と信頼がつよい、初心者向け
    デメリット: コストがかかる(広告、機能費が高い)
           リストが見えない、融通がきかない

   ASP型(Makeshop・Shopサーブ・お茶の子ネット)
    立地・内容を手伝ってくれる、人がゼロ  

    メリット: 簡単に立ち上げられる、リストが取れる
    デメリット: 集客が弱い、システムの融通がきかない
    

   独自サイト(ECキューブ・Zencart・OSコマース)
    サーバー(レンタル可)に上の3つのようなソフトをインストールする
    ロリポップなどでサーバーを借りる 
    完全孤立の無人島

    メリット: 自由(機能の追加、システムの改善など)
         リストが取れる
         なので、上手くいくと利益がでかい
    デメリット: 人が皆無、上級者向け 



ここまで、おおまかなお店の立ち上げ手順についてまとめました。
次に最初に挙げた3つの重要事項のまとめに移りたいと思います。
    

 バイラル(Buzz   
  ■ 自然発生Buzz(口コミ)
     ユーザーの“感情”(喜怒哀楽)によりおこる
     例) 喜: 感動のシナリオ、仕組みつくる
        ⇒ 怒: 炎上

  意図的Buzz
     インセンティブ” をつかう
     例) 友達紹介者に3000円
 
      アフィリエイト
     例) 1件700円でFREEをばらまいてもらう

 
 プロダクトローンチ  
  ■ ドラクエ方式
    ① プレ情報
    ② 発売日の告知
    ③ ベールをはがしていく
    ④ 発売(完売)→2次バイラル

     実例) アパレルで実行 
       ゆかた
     ①<世界限定浴衣 777枚>
      人気ブランドに打診
      別注ラインでつくらせてもらう
      200枚は自分たちが引き受ける 

     ② メルマガ読者 3000人へ告知(1ヶ月前)

      教育(ベールをはがしていく
       ・ なぜ777枚か
       ・ デザインのすごさ
       ・ モデルの直筆サイン入り写真がついてくる
       ・ シリアルナンバーが入っている
                  etc..
 
     ④ 発売 
       在庫は残っているが、5分後に完売といってきる
       ⇒ 枯渇感を出させる
       ⇒ 迷っていた人も買いたくなる

     ⑤ 再生産のストーリーをつくる
       ⇒ 発売日の告知 

     ⑥ 再び発売 15分ぐらい
       ⇒ すぐ売れる


 SEO(サーチエンジンオプティミゼーション 
     :検索エンジン最適化

  ■ 内部最適
     [ HTMLページの構成 ]
     <title> ページタイトル
            例えば、“ビジネス” で検索にひっかかるブログ
      をつくりたいのであれば...
      
      <title> ビジネスマンのためのブログ </title>
       1~3つのキーワードまでで、分かりやすく、 
       みんながクリックしたくなるようなタイト

      <meta>
      meta情報という領域があって、そこにひっかかって
      欲しいキーワードを入れる
               
             例)  keyword = "起業, ビジネス,・・・"
             ⇒10個ぐらいまでが良いとされる

           description = "~~~文章~ "
             ⇒検索結果に出てくる

      <h1>
      h=headline1は一番大きい大見出し。
      ここにまた、引っかかって欲しいキーワードをいれる
       
      例) <h1> ビジネス </h1> 
           <h2> マーケティング </h2>
                     <h3> ファイナンス  </h3>
       
      <p> パラグラフ
      ここにも必ずキーワードを入れる
              <p> キーワード~ </p>

   
     [ HTML+CSS
      HTMLとCSSを分離させる。
      (最近は分離しているブログが多い)  


  ■ 外部最適
      被リンク(バックリンク)
     自分のサイトにどれだけのサイトがリンクを張ってくれているか    
     ⇒ 質と量が重要、特に質      

     例) <a href = " URL " > アンカーテキスト </a>
              URL=あなたのホームページのURL

      関連性のある質の良い被リンク数が多いほどよい
      
      またページランクが高いサイトからリンクされる評価が高くなる
      ⇒ こちらのページランクも上がる



------------------------------


ここまでが、今回の3つのテーマの大まかなまとめになります!
最後まで読んでいただき有り難うございました。

次回は、キャッチコピー、販促、メルマガ、BEAFの法則などについての
まとめに入りたいと思います。


応援クリックしていただけると嬉しいです;)
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

では今日はこの辺で!


0 件のコメント:

コメントを投稿