物販(EC) ビジネス -- まとめ2

皆さん今晩は。
今日も、ECのまとめ、の続きにいきます!

前々回の 「物販(EC) ビジネス -- 概要 」 のところでリストアップした
重要なポイントの内容に入りたいと思います。

--------------------------------

ECにおいて重要なポイント 

   キャッチコピー
   販売促進
   メルマガ読者数
   納品方法
   集客手法(SEO、PPC、アフィリエイト、QRコード)
   パブリックリレーション
   プレスリリース
   携帯キャリアの公式サイト審査
   CPO(Cost Per Order)
     広告費を注文数で割って
     一件当たり幾らかかったか
   HTMLメルマガ
   推薦・証拠・権威付け
   BEAFの法則
   顧実単価を上げるためのポテトの法則
   魚鱗と鶴翼の構えの違い
     お店のコンセプトのつくりかたの違い
   「動画コマース」
     動画でECを運営していく方法
   お試しセットの威力

--------------------------------

 ■ キャッチコピー
    ① お店の名前に冠をつける (凝縮して特徴を入れる)
     例) キャッチコピー + 店の名前  
        “テレビ業界最安 BEST”

    ② キャンペーンバナー
     催し物とからめる
     例) バレンタインと絡めてキャンペーン
        “一年に一度彼に思いを込めて”

    ③ お店の特徴(強み)を出す
     例)業界最安、即日配送、納期最短


    ● キャッチコピー ⇒ 言い換え
          ⇒ 表現を変える、具体的な例を入れて分かりやすく伝える

      例) cm × cm の商品 ⇒ たばこの箱と同じ大きさ
         安い⇒ これでういた小遣いで○○が出来る!
      
     ⇒ エピソードなどを交える
      例) 世界で限定台なので同じ車に会う人はいない
      
     ⇒ ボキャブラリー
      あまり聞いた事がない(使われない)語彙を使う
      組み合わせる


  ■ 販売促進(キャンペーン)
    ① 送料無料day

    ② セール

    ③ まとめ買い割引

    ④ ダウンセル
      例)○○も合わせて買うと、その商品は半額

    ⑤ 特集(企画)
      例)ボジョレー解禁に合わせたワインに似合う洋服
        バースデー特集、福袋特集

    ⑥ キャッシュバック

    ⑦ ポイント付与率UP

    ⑧ ギャザリング(共同購入)
      例)みんなで買うと安くなる
        グルーポン

    ⑨ プロダクトローンチ


  ■ メルマガ読者数を増やす
    ① オークション
      入札するにはメアドが必要という形にする
      
    ② 懸賞(プレゼント)
      メアドを入力で応募可能

    ③ もれなくプレゼント(FREE)
      
    ④ 激安商品をばらまく
     例) 原価150円のTシャツを10円で売る
        140円で1アドレス(購入者情報)を取れると考えると安い
        EC特有の手法

    ⑤ QRコード
     例) チラシを作って、雑誌の広告の紙面をとる
        ここにオファーを出す(グラビアムービーなど)
        ⇒ QRコードを読み取ってもらい
        → メールフォームを立ち上げ
        → 空メールを送ってもらう(( メアド自動格納 ))
        → 自動返信メールにムービーが観れるURLを載せる
        ⇒ メールアドレスを取得
        ⇒ セールスをしかける


  ■ 納品方法
     受注から納品のフロー ]
      注文が入る
      → メール通知が来る
      → CSVでデータを取り出す

      アナログだと・・・ 
      ① 何? → 取りに行く(Picking)
      ② 誰? → 伝票を書く
      ③ 梱包
      ④ 配送業者に渡す

      ・・・ かなりの手間がかかる
        
      もうかる会社はここが全自動になっている
            ▽▽

    ◇ 倉庫を借りるパターン
       -通販の外注(配送代行業)
      ① 1日1(2)回、朝10時にCSVデータを取り込み
        システムに入れ込む
      ② 伝票が出てくる
      ③ ハンディーターミナルで読み取り商品を収集
      ④ 梱包・配送
 
     このように “売れた段階でノンタッチ” にならないといけない
     そうしなければ
     配送人員にコストがかかったり、ミスが出たりする 
 

     << 自分でやる場合のアドバイス >>  
       CSV → 佐川(E-飛伝) → 伝票
        → ロケーション管理(指定された場所へ)
        → 物 
        → ハンディ読み取り、梱包
        → 出荷OK
        → CSVで出荷完了データをECサイトに返す
        → お客さんにメールで通知

    ◇ 情報商品の場合 
      例えば、“infotop” で商品が売れた場合
      
      購入者に配布するPDFの中に商品を提供する
      URLなどが書かれていて、そこに飛ぶと動画が観れたり
      ファイルをダウンロード出来たりできるよう
      システムが構築されている

      ⇒ 手間がかからないよう自動化する


  ■ 集客(PPC、アフィリエイト)
    [ PPC ]
     検索結果の上部や右側部分に広告を出していくこと
     ex )  GoogleのAdWords や
       ヤフーのリスティング広告
    
     そのようなサービスに申し込んでアカウントを作る
     ⇒ 1クリック幾らという単価を設定
     ⇒  見出し、説明文 (クリックされやすいよう)

     “ キーワードの選定 ” が重要
     また、CPOを良く考えなければならない


    [ アフィリエイト ]
     ① ASP(アフィリエイト サービス プロバイダー)
      ・ Value Commerce
      ・ A8.net
      ・ アフィリエイトB
      ・ アクセストレード 
              etc..
       
      ▽ 間接的なものが普通
        〔アフィリエイター〕 → 〔ASPタグ〕 → 〔あなた〕
      
       ▽ アフィリエイトB、のように直リンク方式もある
       〔アフィリエイター〕 → 〔あなた〕
       ⇒ クッキーを使う
         それにより、被リンクが増える!!     

     ② 独自 
      ▽ 自分がASPになる
       ⇒ システムを購入(10~30万)
        ⇒ 紹介するのは自分の商品

      FREEがいくら良くても、アフィリエイターがいなければばらまけない
      なので、このアフィリエイトマーケティングに重点を置くことが肝
    
       
--------------------------------

今日はここまでにしたいと思います。
最後まで読んでいただき有難うございました!

次回は、“パブリックリレーション” から続きます♪



⇒ネットビジネス ランキングをチェック
⇒人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿